文字サイズ

メッセ二盗成功!虎投手35年ぶり

5回阪神1死一塁、二盗を決める阪神 ランディ・メッセンジャー=京セラドーム大阪(撮影・田中太一)
1枚拡大

 「阪神-中日」(25日、京セラドーム大阪)

 阪神のメッセンジャーが五回に二盗を決めた。2死一塁で2番・横田の3球目に盗塁成功。捕手・桂の悪送球を誘って、一気に三塁まで進んだ。

 阪神投手の盗塁は81年8月20日・ヤクルト戦(神宮)での小林繁以来35年ぶり。球団外国人投手の盗塁は初。

 阪神は1点ビハインドの五回、先頭の7番・西岡が中前打で出塁。8番・岡崎の左前打で無死一、三塁。続くメッセンジャーの三ゴロの間に三走・西岡が同点のホームを踏んだ。

 メッセンジャーの果敢な走塁で2死三塁の勝ち越し機をつくったが、横田は遊飛に打ち取られた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス