文字サイズ

阪神、自力V消滅危機の首位決戦で大勝

お立ち台でガッツポーズする(左から)福留、岩田、今成=甲子園(撮影・棚橋慶太)
ヤクルトを下し笑顔でハイタッチを交わす阪神ナイン=甲子園(撮影・持木克友)
連敗を止めトラッキー(左)と握手を交わす阪神・和田豊監督=甲子園(撮影・保田叔久)
3枚3枚

 「阪神8-1ヤクルト」(20日、甲子園球場)

 2位・阪神が、負ければ自力優勝の可能性が消滅する首位決戦に大勝。首位ヤクルトに1ゲーム差と迫り、13年から3年連続のヤクルト戦勝ち越しを決めた。

 阪神は一回、2死二塁から4番・福留の中越え適時二塁打で先制。続くゴメスが左翼越え2ランを放ち、この回3点を奪った。二回には1死二、三塁で1番・鳥谷の右犠飛、今季初めて2番に入った今成の右前適時打で2点を加え、ヤクルト先発の山中をKOした。

 五回にも無死二、三塁から福留の右中間適時二塁打で5点目。ヤクルトに荒木の左犠飛で1点を返された八回には、その裏に鳥谷の右前適時打、続く今成の左前適時打で2点を加えた。

 先発の岩田は8回を投げ、4安打1失点の好投で8勝目(9敗)。打たせて取る投球で、相手の中軸に仕事をさせなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス