文字サイズ

阪神がサヨナラ勝ちで単独首位キープ

延長11回、サヨナラ二塁打を放ち、ナインからのウォーターシャワーを浴びるマートン(撮影・保田叔久)
延長11回、サヨナラ打を決めた阪神 マット・マートンは阪神・福原忍と抱き合って喜ぶ=甲子園(撮影・田中太一)
延長11回、阪神 マット・マートンがサヨナラ打を決め、両手を挙げて大喜びする阪神・和田豊監督(左)=甲子園(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「阪神4-3巨人」(9日、甲子園球場)

 阪神が今季8回目のサヨナラ勝ちで延長戦を制し、単独首位をキープした。2位・ヤクルトとは1ゲーム差、3位・巨人とは3ゲーム差となった。

 3-3で迎えた延長十一回、この回から登板した巨人4番手・マシソンに対し、先頭の鳥谷が中前打で出塁した。上本の犠打で1死二塁と攻め、続くマートンが左中間へサヨナラ二塁打を放った。

 マートンは「マイコラス、山口にいいピッチングをされたが、自分自身は打席での感覚が良く、信じていた。自分としては最後にいい形でできると思っていた。チームメートがいい状況をつくってくれて、感謝している」と振り返った。

 阪神は三回、1死一、三塁から鳥谷の二ゴロ間に1点を先制。四回に同点とされ、七回には2点を勝ち越された。

 しかし七回裏、福留の中前打と巨人先発・マイコラスのボークで無死二塁とし、ゴメスが右前適時打。さらに1死三塁から伊藤隼の右犠飛で同点とし、延長戦へと持ち込んだ。

 先発の藤浪は7回3失点(自責点2)で降板。八回は福原、九回と延長十回は呉昇桓、延長十一回は安藤が無失点でつなぎ、劇的勝利を呼び込んだ。

 和田監督は「(マートンは)ここしかないというところで打ってくれた。ベンチにはもう(控えが)何人もいなかったし、ピッチャーもスンファン(呉昇桓)を2回使ったし、本当に苦しいところでよく打ってくれた」と助っ人の一振りをたたえていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス