文字サイズ

阪神、中日に逆転サヨナラ 新井代打弾

9回、サヨナラ安打を放ちナインから手荒い祝福を受ける阪神・新井良太(中央)=甲子園(撮影・保田叔久)
9回、サヨナラ安打を放ちスタンドへガッツポーズをみせる阪神・新井良太=甲子園(撮影・保田叔久)
9回、サヨナラ打を放った阪神・新井良太(32)に歓喜の表情で炭酸飲料をかける西岡剛ら阪神ナイン=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「阪神3-2中日」(6日、甲子園)

 阪神がサヨナラ勝ちで息詰まる投手戦を制した。

 阪神は1点を追う九回、2死からゴメスが中前打で出塁すると、3連続四球で同点とすると、さらに2死満塁から新井が中前にサヨナラ適時打を放った。

 新井は0-2の八回にも、代打で登場して左翼席に今季初アーチとなるソロ本塁打を放った。

 殊勲の新井は「最高です!」と興奮冷めやらぬ様子。「足ガクガクでした。あっという間に追い込まれて、ヤバイヤバイという感じだったです。でも、最後打てて本当に良かったです」と笑顔で振り返った。

 今季はこの試合前まで、20打数2安打と絶不調。それだけに、「今日だけなんで、これにおごることなくやっていきたい」と気を引き締めつつ、「結果が出てないときでも、皆さんが声かけてくれてたんで、本当に感謝してます」と感謝の弁も。さらに「ちょっとまだ興奮収まらないですね」と顔を紅潮させ、「今日来て下さってるタイガースファン、僕のファンのために今日は打ちました!」と絶叫した。

 劇的な逆転勝利に、和田監督は「今日までさっぱりだったんですけど、打てないときでも一番ベンチで声を出すのが良太なんですよね。とにかくチームを盛り上げようという姿勢でいてくれたんで、良太自身もうれしいと思いますけど、チームにとっても大きなホームランであり、サヨナラヒットだったと思います」と、ヒーローをたたえつつ相好を崩した。

 中日は三回、2死二塁から荒木の適時打で先制。六回には平田が甘く入ったスライダーを左翼席に運ぶ4号ソロで追加点を挙げた。先発のバルデスは九回2死まで1点に抑えていたが、ゴメスに出塁を許して降板。そこから福谷が連続四球、さらに又吉押し出し四球とサヨナラ被打と、継投が裏目に出た。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス