文字サイズ

阪神が7年ぶりの開幕3連勝

5回阪神2死満塁、阪神・梅野隆太郎は適時打を放ち笑顔で一塁へ向かう=京セラドーム(撮影・棚橋慶太)
4回阪神無死一塁、左越え二点本塁打を放つゴメス(投手・八木智哉)=京セラドーム(撮影・持木克友)
5回中日2死一、三塁、中日・ナニータを内野ゴロに打ち取り雄たけびwあげる阪神・藤浪晋太郎=京セラドーム(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「阪神10-8中日」(29日、京セラ)

 阪神が逆転勝ち。終盤の猛追をかわし、岡田監督時代の08年に5連勝して以来、7年ぶりとなる開幕3連勝を決めた。

 3点を追う四回、ゴメス、福留の2ランで4点を奪って逆転。五回にはマートンの適時二塁打、梅野の満塁走者一掃の3点二塁打などで5点を加えてリードを広げた。

 先発の藤浪は初回に3点を失いはしたが、その後は追加点を与えず。5回9安打3失点と粘投し、マウンドを降りた。

 七回、3番手・榎田、4番手・桑原が計4失点して追い上げられたが、その裏、敵失絡みで貴重な追加点を奪った。

 九回から登板した呉昇桓は1死一、二塁からルナに中前適時打を浴びた。その後、2死満塁のピンチを招いたが、最後はエルナンデスを二ゴロに仕留め、今季初セーブを挙げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス