文字サイズ

台湾代表右腕をテスト 王躍霖投手

阪神の練習に合流しノックを受ける王躍霖(中央)=鳴尾浜(撮影・保田叔久)
阪神の練習に合流し阪神ナインと話す王躍霖(中央)=鳴尾浜(撮影・保田叔久)
2枚2枚

 阪神は12日、前カブス傘下1Aで台湾代表の王躍霖(おう・やくりん)投手のテストを鳴尾浜で行った。

 テストは4日間の予定。この日はキャッチボールやノックなど軽めのメニュー。15日のシート打撃に向けての調整となった。

 王躍霖は最速154キロを誇る右腕。昨季はカブス1Aのデイトナで24試合に登板し、4勝7敗、防御率5・57の成績を残した。

 2013年のWBC台湾代表。オフに行われた侍ジャパンとの強化試合では第1戦に先発し五回途中2失点だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス