文字サイズ

今成V打で阪神逆転勝ち 上本が同点弾

8回阪神1死一、二塁、阪神・今成亮太は適時二塁打を放つ=マツダスタジアム(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「広島3‐4阪神」(25日、マツダ)

 阪神が上本の同点弾で追いついた後、今成の決勝打で逆転白星。首位・巨人が敗れたため、ゲーム差を再び「1・5」に縮めた。

 1‐3で迎えた七回2死一塁、フルカウントから2球、ファウルで粘った後の9球目。上本は前田が投じた真ん中へのスライダーを捉え、左翼席へ6試合ぶりの5号2ランを放った。打った瞬間“行った!”という当たりに、前田はマウンドで両膝に手を着いて苦い表情。クールな上本は淡々とした表情でベースを回った。

 リードを許したままマウンドを降りた藤浪の敗戦を消す価値ある一発となった。

 その後八回、今成が左線に決勝タイムリー。「素直に打ち返そうという気持ちで打席に入った。暑い中、熱い応援をしてくれるファンのためにも頑張ります」。敵地でのヒーローインタビューに声を弾ませた今成に、広島の虎党から歓声が降り注いだ。

2022-05-28
2022-05-27
2022-05-26
2022-05-25
2022-05-24
2022-05-22
2022-05-21
2022-05-20
2022-05-19
2022-05-18
2022-05-17
2022-05-15
2022-05-14
2022-05-11
2022-05-10
2022-05-08
2022-05-07
2022-05-06
2022-05-05
2022-05-04

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス