文字サイズ

新井が七回勝ち越しタイムリー

7回阪神、勝ち越し適時打を放ちポーズを決める阪神・新井貴浩=甲子園(撮影・棚橋慶太)
2枚

 「交流戦、阪神‐西武」(28日、甲子園)

 阪神・新井貴浩内野手が勝ち越しの適時打を放った。

 同点に追い付かれた直後の七回、無死一、二塁からゴメスとマートンが倒れて2死一、二塁となった場面だった。

 西武の2番手・岡本洋の初球を力強くはじき返すと、打球はライナーで左前に落ち、二走・今成がホームに滑り込んだ。四回の中前適時打に続き、貴重な一振りとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス