文字サイズ

岩崎が中日戦12回連続無失点

2勝目を挙げVサインで喜ぶ阪神・岩崎 優=ナゴヤドーム(撮影・保田叔久)
3枚

 「中日0‐3阪神」(24日、ナゴヤド)

 阪神は少ない好機を生かして、2カード連続の勝ち越しを完封で飾った。ビジターでのカード勝ち越しは今季初となった。

 五回まで1安打に抑えられていた打線は、六回2死一、二塁から、マートンが自身10試合ぶりの打点となる中前適時打で先制。八回には鳥谷と新井良の適時打で2点を追加した。

 先発した岩崎は、七回5安打無失点で2勝目。ゴメスは六回に四球で出塁し、開幕から続く連続出塁が、和田監督に並ぶ球団タイ記録「24」となった。

 中日は、先発の岡田が7回1失点と好投したものの、打線が沈黙して完封負け。2カード連続の負け越しとなった。

 2勝目を挙げた岩崎は「最初のほうは思うような投球ができないところがありました。いつも以上によく守ってもらいました」と振り返った。中日戦での登板は、これで12イニング連続無失点となったが「意識せずにマウンドに立ちました。結果的にそういうことにつながってよかったです」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス