文字サイズ

無気力ファイト…青木がIGF離脱示唆

 「プロレス・IGF」(29日、エディオンアリーナ大阪)

 総合格闘家の青木真也がIGF離脱を示唆した。この日はタッグ戦で鈴川真一と組み、崔領二、不動力也組と対戦。鈴川が不動に馬乗りで張り手を連打してレフェリーストップを呼んだものの、自身は攻撃を受けず、コーナー最上段に腰掛けて場外乱闘を傍観するなど無気力ファイトを見せた。

 試合後は「お粗末。今まで生きてきた中で一番苦痛な時間だった。金がほしくて試合をしているわけじゃない。やりたいことをやっているわけだから」と渋い表情を浮かべた青木。

 当初計画されていた飯伏幸太戦が実現せず、自身も当日まで「X」として扱われるなど、マッチメークにほんろうされたこともあってか、「さみしいですね。相手に対して、すべてに対して、(IGFが)好きだったけど」と、心中を明かし、「今後はIGFに限らず、自分が情熱を燃やせる舞台に立ってみたい」との意向を示した。

 今大会をアントニオ猪木会長に代わって総括したサイモン・ケリー猪木取締役は、青木について「マッチメーキングは難しいですね。選手の意向を全部は聞けないですけど、戦いを含めて、そういうものを求めているのは分かっていると思う。実際に他の試合では頑張って試合をしていましたので」と、一定の理解を示した。

 また、新体制で臨み、初顔の選手が多数登場したことには「頑張っている選手は頑張っていたが、これがIGFらしさかと言えば、らしくないところもあった。猪木ゲノムなので、猪木さんのカラーを出していきたいのが本音」と複雑な表情だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス