文字サイズ

川口勝太が強敵突破、王座初挑戦も視界

強敵を判定で撃破した川口勝太(中央)。左はメディカルコーチの北川氏、右が野上トレーナー
1枚拡大

 「ボクシング・スーパーフライ級10回戦」(29日、堺市産業振興センター)

 東洋太平洋スーパーフライ級14位の川口勝太(31)=堺東ミツキ=が同フライ級8位のジョナサン・フランシスコ(フィリピン)に判定3-0で完勝した。3連敗なら引退の意向だったが、崖っぷちで復活。今秋にも東洋太平洋タイトル初挑戦が視界に入った。

 1回に相手の大振りのパンチを見て警戒。「外して打たせていい感じに試合を支配できた。勝つことが大事。勝つことに徹底した」と最大で5ポイント差を付け、執念で勝利をもぎとった。

 昨年は4月に元WBC世界フライ級王者のソニーボーイ・ハロ(フィリピン)に挑むも判定負け。10月に再戦したが、7回TKOで返り討ちにされた。進退に悩んだが、ロマンサ雅からジムを移籍し、心機一転、再起をはかり勝利した。

 昨年11月、元WBC世界フライ級王者の五十嵐俊幸(帝拳)と激戦の末、負傷判定でドローとなった強敵を撃破。「今までで1番、練習した。負けたら後はないと思っていた。何とか勝てて良かった。次につながった。次はタイトル戦がしたい」と熱望した。ランクアップも見込め、陣営は次戦にも初タイトル挑戦に動く予定だ。

 19歳で長崎を出て大阪でボクサーになった。「世界王者まで帰らない」と誓いを立て、それ以来、愛する故郷には1度も足を踏み入れていない。「熊本地震で今は九州が大変。九州が元気になるように」と、被災地への思いも背負い戦った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス