文字サイズ

天龍源一郎 現役引退を決意

現役引退は決意した天龍源一郎
1枚拡大

 “ミスタープロレス”こと天龍源一郎(65)が現役引退を決意したことが7日、明らかになった。9日に都内で会見し、正式表明する。病気が理由でないといい、年内にラストマッチを行うという。

 全日本プロレス入りしてレスラーデビューした76年11月以来39年、大相撲時代の64年1月場所の初土俵を加えると、51年の格闘技生活にピリオドを打つ。

 天龍がリングを降りる決断をした。89年11月にタッグながら師匠の故ジャイアント馬場さん、94年の1・4東京ドームではアントニオ猪木参院議員にフォール勝ち。BIからスリーカウントを奪った唯一の日本人レスラーとして歴史に名を刻んだ男も2日に65歳を迎えた。

 昨年12月2日、東京・新木場で行われた天龍プロジェクト14年最終興行で、15年の目標を聞かれた際「“ソフトランディング(軟着陸)”に入ってるから、体調を上げていって、あたったことない人たちとやれたら」と意味深なコメントを発していた。

 脊柱(せきちゅう)管狭窄(きょうさく)症の手術を克服し、1年1カ月ぶりに復帰した12年12月以降も定期的にリングに上がり奮闘してきた。今年1月31日には全日本プロレスで行われた馬場さんの十七回忌追善大会に出場。天龍は6年10カ月ぶりの古巣で、得意のグーパンチを諏訪魔にさく裂させるなど、元気なところを見せて観客を沸かせたばかりだった。

 福井県勝山市出身の天龍は二所ノ関部屋に入門し、64年1月場所で初土俵。73年1月場所に新入幕を果たした。最高位は前頭筆頭で、部屋の後継問題のため76年9月場所を最後に角界を去った。76年10月に全日本に入団。渡米後の11月にデビューし、日本での初戦は77年6月だった。

 81年7月に故ビル・ロビンソンさんと組み、馬場さん&故ジャンボ鶴田さんの持つインターナショナルタッグ王座に挑戦し、敗れたものの、けれんみのないファイトでブレーク。84年にはUNヘビー級王座を獲得した。その後はライバルの鶴田さんとの“鶴龍コンビ”で活躍後、阿修羅原(引退)との“龍原砲”では鶴田さんと激闘を演じた。90年に全日本を離脱し、SWSに移籍。WARを経てフリーとなった。全日本、WJ、新日本、ノア、ハッスルなどに参戦し、10年に天龍プロを立ち上げて主戦場としている。

 主なタイトル歴は3冠ヘビー、IWGPヘビー、UNヘビー、世界タッグ、IWGPタッグなど。プロレス大賞MVPは86~88年、93年の4度獲得。得意技はパワーボム、グーパンチ、チョップ、延髄斬りなど。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス