文字サイズ

佐藤健、宮崎あおいとカラオケ計画撃沈

 俳優の佐藤健(27)と女優の宮崎あおい(30)が24日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで映画「世界から猫が消えたなら」の大ヒット舞台あいさつを行った。

 キャンペーンで2人がそろうのはこの日が最後だが、佐藤は「(宮崎がどんな女性か)わからないんですよ。どれだけ心を開いてくれているのかつかめなかった」と、宮崎のシャイな性格をつかみかねていたという。

 佐藤は「逆にそんな人もいないので、すごい人だと思います。深い人ですよね…きっと…たぶん…」と、薬師丸ひろ子の「探偵物語」の歌詞のように宮崎を表現。原作者の川村元気氏と「最終的にあおいちゃんをカラオケに連れて行って、B’zの『ultra soul』を歌ってほしい」と話していたことを明かし「そこまで全然たどり着けなかった」とぼやいた。

 また、宮崎に「舞台あいさつ中に気付くと後ろにいるのやめてもらえませんか?」「いつになったらスムーズにコミュニケーションできんの?今日が最後だっつってんのに…」などとツッコミつつも、宮崎の言葉をたびたび補うなどフォロー。人とコミュニケーションを取るのが得意じゃなくて」(宮崎)というシャイな相棒への気遣いを感じさせた。

 宮崎も「すごく頼りになる青年でした。ホントにありがたいと思います。気さくですよね。クールじゃなくて、ツンツンしてない」と、佐藤の心配りに感謝。佐藤は「道のりは遠いけどあきらめてないですから!」と、カラオケ再チャレンジをブチ上げていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス