文字サイズ

高良健吾 避難所でお忍び給水活動

高良健吾
1枚拡大

 熊本出身の俳優・高良健吾(28)が18日正午すぎ、熊本地震の避難所となっている市内の小学校を訪れ、給水ボランティアを行ったことが分かった。所属事務所は取材に対し、「プライベートで行っています」と説明した。

 小学校のボランティア関係者によると、高良側からは17日夜、関係者を通じて、18日に給水活動を行いたい旨の連絡があった。

 高良は18日、知人らとともに、給水タンクを積んだ2トン車で駆けつけ、午後0時半ごろから約30分、給水ボランティアを行った。約100人がペットボトルなどを手に給水に集まったという。

 目立たないよう、黒いパーカーに黒いキャップなど、全身黒ずくめでマスク姿だったが、バレてしまったようで、スマホやカメラで撮影する人が続出。ツイッターなどのSNSに写真をアップする人も多く、ネット上で瞬く間に拡散されてしまった。

 高良は16日、都内で出演映画「蜜のあわれ」のトークイベントに出席し、「あっち(熊本)でしかできないこともあるけど、こっちでしかできないこともある」と話し、目を潤ませていた。

 また16日のブログでは、17日にも仲間と炊き出しを計画していたが断念したことを明かし、「タイミングは見極めて動きます 自分にできることはすべてやりたい」と決意をつづっていた。

 ブログでは、高良の実家は福岡に転居しており、阿蘇の祖父母も無事だったことを伝えている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス