文字サイズ

ふかわ、岡本夏生と「戦場でした」

 タレント・ふかわりょうが12日、司会を務めるTOKYO MXテレビ「5時に夢中!」に生出演し、かつての番組レギュラーの岡本夏生の“失踪騒動”に関して説明を行った。

 11日に、ふかわが岡本と連絡が取れない状況にあると明かした騒動は、岡本が同日にふかわと共演予定だった都内イベントの会場に、開始の1時間前に姿をみせた。

 ふかわは番組冒頭で「わたしのイベントでお騒がせしまして、申し訳ありませんでした」と謝罪。

 無事に岡本と共演したイベントの様子について、「最初の10分こそなごやかでしたが、あとの2時間は戦場でした。これはもうNATOに頼むしかないかなとの戦場でした」と、岡本の大暴れがあったことを明かした。

 ただ、携帯電話の紛失で連絡がとれなかったとしている岡本について、ふかわは「彼女としては『本当に信じていれば心配などしないだろ』と。私としてもいろんな感情がわき起こりましたが『なんだかんだ、生きていてよかった』というところで」と、岡本が無事だったことに安堵した。

 一方で、この日の番組出演者の作家・岩下尚史氏が、11日のイベントではシークレットゲストとして控えていたが、ふかわは「犠牲者を生んでしまいました。この戦場に(岩下氏を)お呼びするわけにいかず、すみやかにお引き取りいただきました」と明かした。

 また岡本が出演予定だった12日と13日のイベントに急きょ、出演しないことが決まったことには「私にも非はあります。お客さんには一切非はないと思いまして、本日と明日の内容を変更させていただきました」と説明しました。

 客に向けては「お客さんの中には、もう耐えられないと退場される方もみられましたが、最後までお付き合い頂いた、大多数の方に感謝の気持ちでいっぱいです」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス