文字サイズ

吉永小百合 坂本龍一と被災地にエール

 女優の吉永小百合(71)が26日、東京オペラシティで行われた、坂本龍一(64)が代表・監督を務める「東北ユースオーケストラ第一回演奏会」にゲスト出演し、2011年に起きた東日本大震災の被災者を励ました。

 吉永は震災から5年たった今も仮設住宅に高齢者が1人で暮らす現状に「この音楽を聴かせてあげたい」と声を詰まらせながら訴えた。

 吉永は同オーケストラ105人の演奏と代表・監督の音楽家・坂本龍一(64)のピアノをバックに5編の詩を朗読した。演奏された曲は吉永主演の映画「母と暮らせば」のサウンドトラック。2014年7月から咽頭がんで仕事から離れていた坂本の復帰作で、原爆が落ちた長崎を舞台にした「戦争と平和」がテーマの映画。坂本は「何か長崎と東北がつながったような不思議な気分だ。胸が締め付けられた」と吉永の朗読をたたえた。

 吉永の左手にはネッカチーフが巻かれていた。2月20日に橈骨を折り、この10日にギプスを外したばかりという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス