文字サイズ

森高千里、美脚に1億円保険説を否定

 柔道家でタレントの篠原信一(43)が、12日放送のフジテレビ系「Love music」(金曜、午後11・30)にゲスト出演。司会の森高千里(46)に、かつて美脚に1億円の保険がかかっていたとの説の真偽を直球質問した。

 若い頃に聞いていた音楽の話から転じ、篠原は「全然、話変わりますけど、当時、森高さんの脚に1億円の保険かかってたのは自分…」と質問。これに森高は笑いながら「全然、そんなのかかってないです。ウソです、ウソです」と否定。ウワサの出所を聞かれると森高は「たぶん、そういうふうにしてた人も中にはいたみたいで、私がミニスカートはいてたから、かけてるみたいなウワサが出て。私、全然、そんなの」と返した。

 これに篠原は「いやいや、それこそ、皆さんもあの脚きれいって、当時、自分ら見させてもらって。(うわさ)ありましたよね?」と続けると、司会のアンジャッシュ・渡部建から「よく本人目の前にして、この距離で『脚がね!』とか聞きますね」と突っ込まれていた。

 一方で、篠原は中学時代はおニャン子クラブの新田恵利のファンで、同グループのファンクラブの「こニャン子クラブ入ってましたから」と告白。シドニー五輪で銀メダルを獲得するなど活躍した現役時代は、TRFやglobeの楽曲を好み「小室サウンドでリズムをとって、EZ DO DANCE!で、相手を投げてました」と明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス