文字サイズ

今井絵理子 山東議員が“後継指名”

 今夏の参院選に自民党から比例代表で立候補することが決まった女性4人グループ、SPEEDの今井絵理子(32)が9日、同党本部で出馬会見を開いた。後見人的な立場として女優、タレント出身の山東昭子参院議員(73)も同席し、「後を継いでしっかりお仕事をしてくださいとお願いをしました」と後継者として期待をかけていることを明かした。

 山東議員は、参院では最多に並ぶ7回当選を誇るベテラン。昨年4月には自民党で初となる女性の派閥領袖(りょうしゅう)に就任した。また、公式サイトのプロフィルによると、タレント時代は人気クイズ番組「タイムショック」で5週連続勝ち抜きを達成したことから「5週連続勝ち抜き『クイズの女王』の異名をとる」と紹介されている。いわゆるタレント議員の先駆け的存在とも言われる。

 今井は出馬を決めた理由の一つとして、「山東先生からのお誘いを受けて、山東先生の人柄や思いに共感して決めました」と語っている。正式に出馬要請があったのは「1月18日」だったことも明かした。

 2人は山東議員が会長を務める聴覚障害者教育福祉協会の会合に、7年前に今井が出席したことから関係が生まれたという。「着実なしっかりした方だな」という印象を持った山東議員は今年1月の会合にも今井に出席を要請。そこで「私もどれぐらいまで(政治家を)やっていられるか分からないので、後を継いでしっかりお仕事をしてくださいとお願いをしました」と出馬を要請したと振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス