文字サイズ

元貴闘力 ギャンブル依存症のきっかけ

元大相撲関脇で現在は実業家の貴闘力
1枚拡大

 元大相撲関脇で現在は実業家の貴闘力が、8日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!2時間SP」に出演し、ギャンブル依存症だった現役時代を振り返った。貴闘力は大嶽親方として後進の指導に当たっていた2010年、野球賭博に関与したとして相撲協会を解雇されていた。

 新弟子時代、「月収1万円か2万円」のころ、初めて買った馬券が大当たり。「5000円が、何と40万円になった」。ここからギャンブルにはまり、マージャン、カジノなど、数々の種目に手を出した。周囲から借金をしてまでつぎ込むようになったという。オーストラリア巡業中、カジノで5500万円勝ったこともあったというが、「ギャンブル依存症の特徴として、勝った時のイメージしかない。負けている額は何十倍も負けている」と告白した。

 義理の父である大鵬親方から「頼むからギャンブルはやめてくれないか」と言われ、借金を肩代わりもしてくれた。この時ギャンブルをやめたというが、禁断症状で不眠症、幻視などに悩まされたという。1年たったころ、ある人から「ちょっとぐらいいいじゃん」と誘われ、再びギャンブルの道へ。現役引退後は野球賭博にも手を出し、相撲協会解雇、離婚と転落していった。大恩ある大鵬親方の葬儀への出席も許されなかった。

 相撲協会を解雇されてから焼き肉店を経営したが、従業員の給料までギャンブルにつぎ込み、給料が払えなくなった。金を工面するために土下座を繰り返すうちに「人を使う資格はないな」と思い、ギャンブルをやめることができたという。

 現在は「ギャンブルに走ることがないように1日16時間ぐらい働いている」と明かした。金も持たないようにしており、「やりたい、やりたいと思うけど、お金がないとできないから」と、「負けても笑える金額にしよう」と、自らの経験を踏まえた教訓を述べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス