文字サイズ

野口五郎&三井ゆり 夫婦ツーショット

 歌手・野口五郎(59)が6日、都内で「第9回ハッピーローズ・アワード」を受賞。サプライズで祝福に駆けつけた妻でタレント・三井ゆり(47)と、公の場では約7年半ぶりとなるツーショットを披露した。

 関係者によれば、01年2月の結婚後にツーショットで公の場に登場するのは4度目。02年、04年の出産時と、08年9月に結婚式を挙げた北マリアナ諸島の観光親善大使に任命されて以来だという。

 この日は、受賞に際しサプライズで三井が書いた手紙が司会者に読み上げられ、さらなるサプライズで三井が、今月23日に還暦を迎える野口に、赤い1輪のバラを持って祝福に登場した。

 何も知らされていない野口は大テレ。それでも三井を目の前にして自身の「僕をまだ愛せるなら」を熱唱。途中、離れて立っていた三井を呼び寄せ、背中に手を回し抱きしめながらの熱唱。円満ぶりをうかがわせた。

 三井からは「尊敬してます」など日ごろ言われない言葉も贈られた野口。「好きなことばかりやって。夢ばかり追いかけている自分に、黙って見てくれて何も言わずついてきてくれて感謝しています」と目を潤ませ、三井に感謝した。

 また、まもなく還暦を迎えることには「(アニメの)サザエさんの波平さんは54歳の設定。はるか超えてしまった。でも自分では若くなっている気がする。あと60年生きられそうです。楽しんで、いろいろなものに挑戦していきたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス