文字サイズ

ベッキー【釈明会見全文】不倫否定も…

目を潤ませながら釈明するベッキー=東京都内
記者会見場に現れ深々と頭を下げるベッキー。左はサンミュージック広報担当部長・富岡弘明氏=東京・サンミュージック(撮影・開出牧)
記者会見を終え深々と頭を下げるベッキー=東京都内
3枚

 昨年のNHK紅白歌合戦に初出場したロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音=かわたに・えのん=(27)との不倫疑惑を7日発売の「週刊文春」に報じられたタレントのベッキー(31)が6日夜、都内で緊急“会見”を開いた。質疑応答は一切受け付けず、4分30秒にわたり一方的に釈明した。目に涙を浮かべ「お付き合いということはなく、友人関係」と不倫を否定。謝罪の言葉を繰り返した。

 【以下、ベッキーのコメント全文】

 (ベッキーは純白のシャツ、茶色いスカート、ベージュのパンプス姿。約70人の報道陣を前に深く、4秒近く頭を下げる)

 このたびは、お忙しい中、お集まりいただき申し訳ございません。

 今回、発売される記事に関して、多くの方々、テレビ、CM、ラジオの関係者のみなさま、そしてファンのみなさまに多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたこと、深くおわび申し上げます。申し訳ありませんでした。

 私はアーティスト、川谷絵音さんの作る音楽のファンでありまして、ライブにも行かせていただき、打ち上げなどでお話をさせていただき、そんな中、川谷さんと連絡を取るようになりました。

 記事にありましたように、2人でお食事に行かせていただいたこともあります。そして、お正月に長崎の(川谷の)ご実家にお邪魔したことも事実です。

 ただ、お付き合いということはなく、友人関係であることは間違いありません。

 しかし、私のとった(声詰まる)…私のとった行動は、たくさんの方々にご迷惑をおかけし、誤解を招くような大変軽率な行為だったと深く反省しております。申し訳ありませんでした。

 川谷さんのご家族のみなさま、ファンのみなさま、関係者のみなさまに多大なるご迷惑をおかけしましたこと、深くおわび申し上げます。そして、いつも私、ベッキーを応援してくださっているファンのみなさま、関係者のみなさまにも多大なるご迷惑をおかけしましたこと、深くおわび申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。

 (スタッフが会見を打ち切ろうとするも、ベッキーが『ごめんなさい。まだ』と続ける)

 今回の私の軽率な行為を深く反省し、またみなさまの前で笑顔でお仕事させていただけるように、これからは1日1日を大切にしていきたいと思っております。

 そして、いつもお集まりいただいている報道関係者のみなさま、今日はみなさまのご質問にお答えするという形を取れず、私の思いを一方的にお伝えするという形になってしまい、大変心苦しく、申し訳なく思っております。申し訳ありません。

 改めて、このたびは本当にお集まりいただき、ありがとうございました。そして、申し訳ありませんでした。

 (6秒間、深く頭を下げて退場)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス