文字サイズ

バナナマン、今年も「紅白宣伝部」就任

バナナマンの設楽統(左)と日村勇紀
1枚拡大

 大みそかのNHK紅白歌合戦の「紅白宣伝部」を、お笑いコンビのバナナマンが昨年に続いて務めることが18日、紅白歌合戦の公式ホームページで発表された。

 「紅白宣伝部」は昨年から発足したもので、先立って放送されるPR用のミニ番組やホームページなどで、紅白の魅力や裏情報を紹介。本番では、2人が副音声で自由奔放に語る「ウラトーク」が話題になった。

 バナナマンは昨年に引き続いて今年も久保田祐佳アナウンサーと共に宣伝部員に就任。12月21日深夜から連日放送されるPR番組で「気になるあの出場歌手の情報や、司会者の現在の心境、そして紅白制作現場の舞台裏や、特別企画の進捗情報など」(公式サイトから)を伝えていく。

 バナナマンの設楽統は「2年連続で出来る事が嬉しいです。昨年、反響の大きさにやはり紅白というのは特別だなと感じました」、また日村勇紀は「また、あの感動を生で味わえると思うとめちゃくちゃ嬉しいです。ウラトークも面白いので、そちらでも是非楽しんで下さい!」と公式サイトにコメントを寄せている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス