文字サイズ

尾野真千子“イヤミス”ですっぴん披露

連続殺人の犯人役への苦悩を語った尾野真千子=東京・六本木
連続殺人の犯人役への苦悩を語った尾野真千子=東京・六本木
2枚

 女優の尾野真千子(34)が12日、都内で、動画配信サービス・Huluの主演ドラマ「フジコ」の完成披露試写会に登場した。

 原作は、作家・真梨幸子氏の読後感が悪いミステリー“イヤミス”で、演じた役は連続殺人犯。地上波では自主規制するような凄惨(せいさん)なシーンも盛り込まれており、「思う存分、血を浴びました。血のりをベタベタして。ハロウィーンでも血のりがはやってたので、今年は血のりイヤー!!」とおどろおどろしい“キャッチフレーズ”を発案した。

 すっぴんも披露しているといい、「よくあるようなファンデーションだけ塗ってる“風”ではなくて、ノーメークを貫きました」と素顔をアピールしていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス