文字サイズ

松坂慶子 アオザイ姿で魅了

完成披露試写会にアオザイ姿で登場した松坂慶子=東京・有楽町
1枚拡大

 女優・松坂慶子(63)が6年ぶりに主演した映画「ベトナムの風に吹かれて」(17日公開)の完成披露試写会が7日、都内で行われ、松坂がベトナムで現地調達した民族衣装・アオザイ姿で登場した。

 映画は松坂が重度の認知症の母をベトナムで介護するという物語。松坂は「ベトナム語は難しかったですが、教えてもらうのも楽しかった。若い国なので私も20代~30代のつもりで演じました」と撮影の感想を明かした。

 主題歌は1960年代後半「小さな日記」などの大ヒットを飛ばしたフォー・セインツと松坂とのデュエット曲「たまには仲間で」。昨年12月に大森一樹監督(63)がライブで耳にし、採用を決めたという。松坂は「歌詞が素晴らしい。歌える場所に出られよう、にぎやかな映画にしてもらえたら」と抱負を述べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス