文字サイズ

福山雅治 ラジオで結婚後初の報告

 歌手で俳優の福山雅治(46)がパーソナリティを務めるTOKYO FM「福山雅治のTalking F.M.」が4日放送され、女優の吹石一恵(33)との結婚を「私、福山雅治、先月28日、結婚いたしました」と肉声でファンに報告した。この日は結婚発表後、初の放送(収録)だった。

 冒頭、“来年も再来年もこうして君といれるなら 年を取ることは悪くはないと思うんだ”と歌う「心color~a song for the wonderful year~」を流した後のトーク。福山は「私、福山からしっかり聞いていただきたいお話も。さすがに皆さんご存じになっているお話ももちろん、少々、触れさせていただきますけども」とふくみ笑いで結婚報告をにおわせた。

 CMあけに「突然ですが、報道、ありましたね、先週の。私、福山雅治、先月28日、結婚いたしました。(※スタジオの拍手受け)ありがとうございます。いやもうね、こんなに報道されるとは思いませんでした。多少はね。取り上げられるだろうな、と予測はしてましたけど。予想以上でした」と笑った。

 所属事務所のアミューズのスタッフにも極秘で進めた結婚発表。「最初はゴレンジャー(5人)でやってきて、オーシャンズ(11人)になって、社員も誰も知らないし。大里会長も知らないし。まずはファンクラブのBROS.にお伝えした後、大里さんにお伝えするという」と会長にすらファンクラブへの発表後の“事後報告”だったことを明かした。

 日本列島が“ましゃロス”“福山ショック”に揺れた結婚発表。福山は「だんだん不思議なものでオール媒体で取り上げていただくと、どんどん自分のことに感じなくなっていく。あとはもう、傍観するしかない。他人事のように情報が一人歩きする」と自分でも想像以上の“狂想曲”になったことに驚いたことを告白。「自分が今までやってきたどの仕事よりも、取り上げられたわけでしょ。逆にこれを超える仕事をやらないとダメだな、と思った。僕は悔しいわけです」と苦笑いした。

 またあまりの“余波”に「逃げたくなる。どっかに高飛びしたくなった」と心境を吐露。騒ぎになるからといって、どこかに逃げるようなことはやめて普通の生活をしよう、とスタッフと事前に話していたことも明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス