文字サイズ

大島優子「クソ雨女」となじられる

ロマンスカーアテンダントの制服姿で映画「ロマンス」をPRする大島優子=東京・小田急電鉄喜多見電車基地(撮影・村中拓久)
ロマンスカーアテンダントの制服姿で映画「ロマンス」をPRする大島優子=東京都世田谷区の小田急電鉄喜多見電車基地(撮影・村中拓久)
ロマンスカーの車内で映画「ロマンス」をPRする(左から)大倉孝二、大島優子、タナダユキ監督=東京都世田谷区の小田急電鉄喜多見電車基地(撮影・村中拓久)
ロマンスカーの前で映画「ロマンス」をPRする(左から)タナダユキ監督、大島優子、大倉孝二=東京・小田急電鉄喜多見電車基地(撮影・村中拓久)
4枚4枚

 女優の大島優子(26)が15日、都内の小田急電鉄喜多見電車基地で、主演映画「ロマンス」(29日公開)のPRイベントを行った。

 役柄である、特急ロマンスカーで車内販売をするアテンダントの制服姿で、「レディーとしてのたしなみ、行儀を教えてもらえるな、と思いました。大人の女性になるのに役に立つ」と女子力アップをアピール。

 今後着てみたい役衣装には「工事現場の作業員の格好」を挙げて、「大変な労働で女性が汗水鼻水垂らして頑張ってると応援したくなるので」と“男子力”にも興味をのぞかせた。

 AKB48時代には卒業コンサートが荒天延期になるなど雨女として知られていたが、箱根ロケを振り返って「どこも全部雨だった…」と告白。共演の大倉孝二(40)からは、「本当にクソ雨女」となじられていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス