文字サイズ

市原隼人 右手靱帯痛めるも撮影続行

ヒット祈願に浴衣で参加した市原隼人=東京・神田明神
浴衣姿でヒット祈願に参加した市原隼人=東京・神田明神
浴衣姿で“盃の儀”に参加した(左から)成海璃子、市原隼人、高島礼子=東京・神田明神
浴衣姿でヒット祈願に参加した(左から)成海璃子、市原隼人、高島礼子、三池崇史監督=東京・神田明神
4枚4枚

 俳優の市原隼人(28)が15日、東京・神田明神で、主演映画「極道大戦争」(20日公開)のヒット祈願を、成海璃子(22)、高島礼子(50)、三池崇史監督(54)と行った。

 『ヤクザ・ヴァンパイア』を演じた市原は、撮影中のアクションで右手のじん帯を伸ばして痛めたといい、三池監督は「ケガをしてもチラッとも見せずにやり通してくれました。生まれ変わったら市原隼人になりたい」と役者根性を称賛。

 境内では市原が劇中の印象的なシーンを再現すべく、どらを鳴らしたが、「気持ちが強すぎてたたくときに手までいっちゃって、腫れてますわ」と2度目の“名誉の負傷”に苦笑いだった。

 同作は5月に開催されたカンヌ国際映画祭で公式上映されたが、「カンヌでも大絶賛されてうれしい。設定も世界観も唯一無二なので、必ず楽しんでもらえる」と自信をみなぎらせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス