文字サイズ

GLAY 10年ぶり東京ドーム

ステージ上で談笑するYOSHIKI(中央)とGLAYメンバー=東京ドーム
抱き合うYOSHIKI(左)とTERU=東京ドーム
YOSHIKI(左)のピアノにあわせて熱唱するTERU=東京ドーム
10年前に置いてきたジャケットに袖を通すGLAYのTERU=東京ドーム
4枚4枚

 ロックバンドGLAYが31日、東京ドームでデビュー20周年記念ツアーの最終公演を行った。05年の10周年ツアーで「東京Dに戻ってくるから」とファンと交わした約束を果たし、ヒット曲「誘惑」など24曲を披露。アンコールではデビュー曲「RAIN」をプロデュースしたX JAPANのYOSHIKI(49)がライブ初共演し、同曲をコラボ。5万5000人と節目を祝福した。

 ホームベースの位置からそれぞれ気球に乗り込んで登場した4人は、上空30メートルでグラウンドを半周。センター後方のステージに飛来すると、ボーカルのTERU(43)はマイクスタンドにかけられた白いジャケットに袖を通した。

 10年前。2005年3月13日に10周年記念で行った東京D公演のラスト。TERUは着用していたジャケットを脱ぎ「10年後、このステージにジャケットを絶対に取りにくるから」と語り、立ち去った。それ以来「10年後の再会」を約束に、東京Dライブを封印した。

 そして10年後。待ち焦がれた舞台で「ついにこの日がやって来ました。東京ドーム!、10年間言いたくてたまりませんでした。気持ちいいんだよね、この言葉叫ぶの」とシャウトしたTERUは、TAKURO(44)、HISASHI(43)、JIRO(42)と3時間のショーを繰り広げた。

 アンコールには恩人が駆けつけた。アマチュアだったGLAYをライブハウスでスカウトし、自身のレーベルからデビューさせたYOSHIKIは「RAIN」の演奏にピアノで参加。TAKUROは声をつまらせ「こんな幸せない。何てお礼言っていいか分からないので、抱きしめさせてください」と抱擁した。YOSHIKIももらい泣きし「Xの20回目のドーム公演にはGLAYに出てもらおう(現在まで18回)」とファンを喜ばせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス