文字サイズ

V6岡田ひらパー兄さんドヤ顔ポスター

 V6・岡田准一(34)が故郷の大阪府枚方市の遊園地・ひらかたパークで務めるPRキャラ&園長「超(スーパー)ひらパー兄さん」が、達成できなければ園長解任の公約を掲げていた2014年度の来場者100万人超(速報値104万人)を果たし、園長続投することが発表された。7日に同遊園地で行われた去就発表会では、園長2期目に突入する岡田のぶっ飛んだ新CMなどが公開された。

 「超ひらパー兄さん」は岡田が、同遊園地とタッグを組んで展開しているユニーク企画。岡田が胸に「枚方」と印字された白パーカーを着たコテコテの大阪弁キャラは、関西でCMなどで人気者となっている。

 今回、続投が決まったことで、公開された新ポスターは「園長、延長」と書かれ、キメ顔の岡田が胸に「園長」と書かれた延長コードの着ぐるみ姿で収まっていた。

 9日に公開される新CM「着んのかい編」では、もの悲しい曲が流れる中、岡田が「来園者100万人達成できなければ、園長辞めると約束しました」と園長パーカーを脱いで“解任”かと思わせた瞬間、さっそうと再びパーカーを着てドヤ顔。100万人達成を報告するコミカルな内容で、撮影では脱いで着るだけの動作を何度も何度も納得するまで繰り返していたという。

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」での好演や、日本アカデミー賞W受賞した映画作品とは真逆のキャラを演じており、同遊園地の絶叫マシーンの新企画CMでは、岡田が「今、ひらかたパークでは『おま!』(兄さんのキメ言葉)以外の叫び声を禁止しています」とマシーンに乗り込むが、「うわぁぁぁー!」と叫ぶだけでお手本を示せぬまま失敗して戻ってくる。

 昨年も観客増のため岡田が遊園地とアイデアを出し合い“園長改革”として、アイマスクをして絶叫マシーンに乗る「目隠しライド」企画や、遊園地の敵である雨対策として、岡田が両手を天に突き上げた姿を模した「晴れ乞い園長像」を園内に設置したことも。冬には電球100万個を使ったイルミネーション企画を開催した。

 大阪市にある映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」などとは趣を異にしたPR作戦。去就発表会にVTRでコメントを寄せた岡田は「ひらかたパーク園長の超ひらパー兄さんで、おま!僕の去就式にようこそで、おま!最初に100万人と聞いた時には、ほんま不安な夜もありました。せやけど子供のころから大好きなひらパーやから達成したかった。では、ここで意気込みを、ひとつ!これからも園長、超(スーパー)頑張るで、おま!」と続投宣言していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス