文字サイズ

【最優秀主演男優賞】岡田スピーチ全文

司会を務めた西田敏行(左)と真木よう子
1枚拡大

 第38回日本アカデミー賞授賞式が27日、都内で開かれ、V6の岡田准一(34)が「永遠の0」で最優秀主演男優賞、「蜩ノ記」で最優秀助演男優賞を受賞した。男性のW受賞は史上初。ジャニーズ勢として初めてアカデミー賞を受賞した岡田は、「映画人と認めていただけて…」と感涙し、「最高の日です」と幸せいっぱいの笑顔を見せた。11部門で優秀賞に選ばれていた「永遠の0」は作品賞、監督賞など最優秀賞で最多8冠に輝いた。

 【以下、岡田の最優秀主演男優賞受賞スピーチ全文】

 (名前を呼ばれた瞬間、役所広司ら共演者とがっちり握手)

 あの…本当にありがとうございます。本当にみなさんありがとうございます。

 この作品(「永遠の0」)に獲らせていただいた賞だと思ってますし、この作品は歴史を伝えるというか、思いを伝えると言うことが大きいテーマだったと思ってます。僕がここにいられるのも、第1回(最優秀主演男優賞)受賞者の、人が人を思うことの大切さを伝えてこられた高倉健さんのおかげでここに立てるということも1つありますし、第2回(最優秀主演男優賞)受賞の緒形拳さんに『感情が動く時に人は見てくれるんだ』ということを言っていただいた。

 (涙で声を震わせて)

 その時に「お前は芝居に向いてる。辛いこともたくさんあるし、芝居をやるには難しい環境かもしれないけど、お前は芝居を続けなさい。君は向いてるから」と言っていただいて、なんとか続けてこられてます。

 向いてると言われたのが芝居と格闘技しかなくて、その2つだけが向いてると言われて、20年前からこの仕事をさせてもらってますけど、何もできなかったんです。

 ほんと怒られて、怒られて、ずっと怒られ続けて。20年間の間でスタッフのみなさん、(映画「蜩ノ記」で共演した)役所(広司)さん、(映画「天地明察」で共演した)中井(貴一)さんにもいろいろ教えていただきました。人間を作っていくということをたくさんの出会った方に教えていただいて、このような素晴らしい場所に立てるようになりました。みなさんに感謝したいと思ってます。本当にうれしいです。

 またここに帰って来られたとき、実力を認めていただけるんだと思っています。戻ってこられるよう精進しますので、誰かまたここに連れてきてください(笑)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス