文字サイズ

8・6秒 口下手転じてリズム漫才完成

 “ラッスンゴレライ”のリズムネタ漫才でブレーク中のお笑い芸人の8・6秒バズーカーが31日、奈良競輪場で行われた場内イベントに登場。田中シングル(23)と、はまやねん(23)のコンビはステージ前、本紙の取材に応じて「はまやねんがネタを言うタイミングがうまくできないから、リズムに乗せるネタが生まれた」とリズムネタ漫才が誕生した秘密を明かした。

 NSC(吉本興業のタレント養成所)時代からコンビを結成している2人。「もともとは(普通の)漫才をやっていた」というが「はまやねんもリズムに乗れば、タイミンングよく言える」という発想からリズム漫才を取り入れていき“ラッスンゴレライ”が誕生した。

 デビュー1年未満ながら、多い日では1日に7本の取材も入ったというブレークぶり。将来的には「しゃべる番組とかもやってみたい。いまはトークが駄目で萎縮しまくってるところが取り上げられている。いつかは2人でラジオ番組とかやってみたい」と田中シングルはリズムネタ以外での活躍も思い描いている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス