文字サイズ

国生、紗理奈悲し 関テレ番組存続危機

 関西テレビの福井澄郎社長が29日、大阪市内で新春社長会見を開き、同局が平日昼に関西ローカルで放送している名物番組「ハピくるっ!」(月~金曜、午後2・00)が、“外的要因”で今年4月改編以降の継続が白紙となっている状況を明かした。

 系列キー局のフジテレビが4月から、平日午後にフリーキャスター・安藤優子をMC起用した大型情報番組(月~金曜、後2・00)をスタートすることを発表。この日の会見で、時間帯が重なる「ハピくるっ!」の対応について問われた福井社長は「安藤さんの番組が、系列ネットの縛りになるのかによる。ネットワーク全体で決定する事項で、いまその佳境にあり調整中です」と、同局単独でローカル番組の継続を決定できない状態であることを説明した。

 一方で同局は、4月改編で夕方に3時間枠の新ニュース情報番組を開始することを発表し、「ハピくるっ!」の放送時間を後ろにずらすことも難しい状況となった。

 「ハピくるっ!」は「ウワサの芸能ワイドショー」として11年にスタートし、はるな愛、TKO・木本武宏、クワバタオハラらが日替わりで進行を担当。番組内では、昨年はクワバタオハラ・小原正子がマック鈴木氏と“結婚生会見”を開いた。また13年には、コメンテーターの国生さゆりが電撃離婚を発表したり、鈴木紗理奈が離婚報告を行ったことも。出演者のスキャンダルなどにも突っ込んでいく“攻撃的”な番組として、話題発信力に定評があった。

 視聴率も日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」の裏で、おおむね5%前後で推移し健闘している。同局関係者も「せっかく何年もかけて育てて、視聴者の皆さんに楽しんでいただける番組になったと自負していますが」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス