文字サイズ

新山千春 「すれ違い」離婚…心境吐露

 タレントの新山千春(33)が西武・黒田哲史2軍コーチ(39)との離婚届を29日、都内の区役所に提出した。所属事務所がマスコミ各社にファクスで発表。新山も自身のブログで離婚を報告した。所属事務所によると、慰謝料等はなく、長女(8)の親権は新山が持つ。

 新山は黒田コーチ、長女とともに先週、離婚前の思い出作りの家族ハワイ旅行へ出掛け、27日に帰国したばかり。29日にブログを更新し「私事で恐縮ではありますがこの度、私は夫と10年間の結婚生活にピリオドを打つことになりました事をご報告させていただきます。」と離婚を報告した。

 「私達はお互いの仕事の都合上すれ違いが多く、家族の時間を十分持てなくなった今、色々と悩み考えましたが娘を第一に考え二人で話し合い、そしてお互いを思い合った結果、今後はそれぞれの道を歩むことが最善の道と考えて決断することとなりました。」と離婚に至った経緯を説明した。

 また、ハワイ旅行について「一昨日まで、最後の家族旅行でハワイに行ってまいりました。この先も娘のことを第一に考えて、お互い父親母親でありますので、親としての責任を果たす為に協力していくことを再度約束し合い帰ってまいりました。」と愛娘への思いを吐露。

 「今後は尊敬出来る友人として新たな関係を築いていけると思っております。私、新山千春はこの先娘と共に生活していく事に責任を感じながら邁進していこうと思っております。」とシングルマザーとしての決意をつづった。

 新山と当時巨人の選手だった黒田コーチは04年12月に結婚。06年には長女が誕生した。長女は子供タレントとして活動していた時期もあったが、今は学業に専念しているという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス