文字サイズ

ジュノンGPに初沖縄出身者

「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリに輝き、審査員のIVAN(左)板野友美(右)と笑顔を見せる西銘駿=東京・恵比寿(撮影・会津智海)
「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリに輝きトロフィーを掲げる西銘駿=東京・恵比寿(撮影・会津智海)
「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリに輝き感極まる西銘駿=東京・恵比寿(撮影・会津智海)
「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリに輝きトロフィーを手にガッツポーズを見せる西銘駿=東京・恵比寿(撮影・会津智海)
4枚4枚

 俳優の武田真治(41)、小池徹平(28)、溝端淳平(25)らを輩出した男性スターの登竜門「第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の最終選考会が23日、都内で開かれ、都立高2年の西銘駿(にしめ・しゅん)さん(16)が沖縄県出身で初めてグランプリに輝いた。

 名前を呼ばれた瞬間、思わず両手で顔を覆い、座り込んだ。「絶対に呼ばれないと思っていた。自分がグランプリで不満な人もいるかもしれないけど、頑張ってファンにしたい」。笑顔の裏に反骨心をのぞかせた。

 最初のパフォーマンス審査で「小学校の頃に習っていた」という琉球舞踊エイサーを披露。伝統衣装を着て太鼓を叩くりりしい姿に、ゲスト審査員の元AKB板野友美(23)も「緊張しないで輝いていた」と目をハートにした。

 身長172センチO型。くっきり二重の大きな瞳が印象的だ。南国育ちだが色白で「母親に似て肌が焼けないんです」と苦笑する。中学卒業と同時に、芸能界を夢見て単身上京。現在は叔母の家に居候して、都立高に通学している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス