文字サイズ

健さん遺作の降旗監督、万感の「残念」

舞台挨拶で笑顔を見せる(左から)降旗康男監督、長塚京三、田中裕子、高倉健、ビートたけし=2012年8月、映画「あなたへ」完成披露試写会の舞台挨拶
地元のファンに大歓迎を受ける高倉健さん=2012年8月
ビートたけし(右)が語った高倉健伝説を否定する高倉健(中央)=東京都千代田区の東京国際フォーラム(撮影・持木克友)
3枚3枚

 12年秋に公開され高倉健さんの遺作となった映画「あなたへ」の降旗康男監督が18日、マスコミ各社に宛ててコメントを発表した。

 「残念の一語に尽きる」

 そのひと言に万感の思いを込めた。

 「あなたへ」は高倉健さんにとって205本目の主演映画で、第37回報知映画賞主演男優賞、第25回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞主演男優賞を受賞した。日本アカデミー賞優秀主演男優賞にも選出されたが「若い人に譲りたい」という理由で辞退した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス