文字サイズ

KABA.ちゃん戸籍変更、結婚も視野

 オネエタレントのKABA.ちゃん(45)が6月に去勢手術を受け、今は戸籍変更や結婚も視野に入れていることをフジテレビ系「ノンストップ!」の取材に対して14日、明かした。

 KABA.ちゃんは小学生時代から自分の性別に違和感を感じてきた。タモリに見抜かれたことから6年前にカミングアウトし、オネエキャラで芸能活動してきた。

 目や鼻の整形手術も受けてきたが今年、「この年で始めてどこまで変われるか、自分で見てみたかった」と決意、睾丸摘出手術を受けることに。

 姉が長年勤めてきた会社を解雇された際「もっと自分の好きなことをやっとけばよかった」と漏らしたひと言に影響されたという。

 去勢だけにはとどまらない。「女顔になりたくって。声も変えたい」とホルモン治療や、のど仏を削る手術も。

 「自分の変わっていく姿がうれしい」KABA.ちゃんは、もっと先の姿もイメージしている。

 「自分がもし全部女体化できて戸籍まで変えて、結婚もできるようになったら、もしそこに(相手が)現れたら結婚しちゃうかもと、そこまで考えています」と、ゴールとしての完全女性化を視野に入れているという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス