文字サイズ

武田鉄矢 20年のうつ病の苦しさ明かす

20年にも及んだうつ病の苦しさを明かした武田鉄矢
1枚拡大

 俳優で歌手の武田鉄矢(65)が7日、フジテレビ系「ノンストップ!」の取材に対して、40代から20年にも及んだうつ病の苦しさを明かした。

 武田に異変が生じたのは42歳だった1991年。「101回目のプロポーズ」で主演するなど多忙を極めたころだった。「体調の変化なんでしょうね。ちょっとうつ病っぽくなって、何をやっても力が湧いてこない」というのが最初の症状だった。

 そして「考え方が暗くなって、何週間か事務所が休みくれるとこれっきり仕事が来ないんじゃないか、とか」と、心理的にどんどん落ち込んでいった。

 メンバーや家族には、こんな状態であることは知らせなかった。海援隊のメンバー、千葉和臣がいま振り返っても「最近眠れないってのは言ってた」程度の認識だった。

 2011年には大動脈弁狭窄症にかかり、手術をして5週間入院、老いへの恐怖がさらに武田をどん底へと追い込んだ。その際読んだ心理学者のユングの本に「人生は山登りに似ている。登った限りは降りなきゃいけない。登りっぱなしのことを遭難したという」とあり、この言葉で武田はやっと救われた。

 8日にリリースされるニューアルバム「去華就実~花散りて次に葉を茂り実をむすぶ~」の中の新曲「♪そうだ病院へ行こう」の歌詞には、これまでの自分をベースしたユーモアがちりばめられているという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス