文字サイズ

朝ドラ「マッサン」吹き替え場面に賛否

 NHK大阪放送局の坂本忠宣放送局長が2日、大阪市の同局で定例記者会見を開き、9月29日に好スタートした連続テレビ小説「マッサン」(月~土曜、前8・00)についての手応えを口にした。

 同作は関西地区の初回視聴率が19・8%と過去10年で最高の数字を記録。関東地区でも前作「花子とアン」と同じ21・8%をマークした。坂本局長は「まずは順調に滑り出した。反響も視聴者の方から非常に高評価をいただいている。この調子でこれから半年、走って行ければ」と語った。ドラマにゆかりのある北海道、広島地区の反響も大きいという。

 エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスが朝ドラ史上初の外国人ヒロインとして話題を集めているが「特にエリーさんのひたむきな姿が非常に印象に残っている。視聴者の方に届いているのではと思っています」と評価した。

 また、中島みゆきが歌う主題歌「麦の唄」も好評で「朝からああいう歌が入ってくると元気になる。明るく元気にいこうという感じが伝わる。150回全部見ていただければ」とPRした。

 玉山鉄二演じるマッサンこと、亀山政春がスコットランド留学中のシーンでは吹き替えと字幕が混在。一部で話題になっている件について、坂本局長は「特に具体的には聞いていないが、演出上の効果だと思う。現場の制作チームがたどり着いた演出だと考えています」とした。

 広報部は「朝ドラは家事をしながら見たりとかいろんな人がいる。そういう方々にとっては字幕よりは吹き替えの方が見ていただけるのではないか。そういうことも配慮したのではないか」との見解を示した。視聴者からは「玉山の英語を聞きたい」という声も含めて「吹き替えについては両方の意見がきています」と賛否両論が届いていることを認めた。

(数字はビデオリサーチ調べ)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス