文字サイズ

さんま効果 独立L史上最多動員記録

BC石川の一日コーチに就任しグラウンドに姿をみせた明石家さんま=石川県立野球場(撮影・保田叔久)
2枚

 13日に石川県立野球場で開催されたBCリーグ・石川ミリオンスターズと福井ミラクルエレファンツ戦の動員が1万5877人を記録。日本独立リーグ史上最多動員を記録した。この日は、タレント・明石家さんま(59)が石川ミリオンスターズの「1日コーチ」を務めることが発表されており、“さんま効果”で通常の22・68倍の動員を記録した。

 創立8年目のミリスタ史上最多動員どころか、四国アイランドリーグを含めた日本の独立リーグ史上最多動員記録を打ち立てた。

 同球団の今年8月までの平均動員数は700人。観客が殺到し、通常は開放していない外野を開け、関係者のだれもが驚く1万5千超えを達成した。

 この日は、今季限りで引退するミリスタのGM兼投手で元巨人の木田優夫(46)と20年来の友人であるさんまが木田の熱いラブコールに応えて1日コーチに就任。グラウンド上での「入団発表」や、雨の中、黒い傘をさして投手交代を告げたり、ランナーズコーチャーズボックスで相手一塁手にもコールドスプレーをふるなど、サービス精神満載の特別コーチぶりで、超満員の観客を沸かせた。

 試合後には「退団式」も行われ、さんまのアイデアで木田とグラウンドを1周。「雨の中、ありがとうございました」と声をからしながらマイクを通して感謝の言葉を客席に送った。最後はナインに胴上げされ、「さんちゃ~ん!」「さんまさ~ん!」の大声援を浴び、手を振りながらグラウンドを後にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス