文字サイズ

川田裕美アナ“宮根級ごほうび”狙う!

 ニュースキャスターの辛坊治郎氏(58)と読売テレビの清水健アナウンサー(38)、川田裕美アナウンサー(31)が11日、大阪市内で会見を行い、読売テレビ番組ランナーとして10月26日に開催される「大阪マラソン2014」(大阪城公園前~インテックス大阪前)に挑戦することを発表した。

 川田アナは「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜、後1・55)代表で人生初のフルマラソンにチャレンジする。「これまでマラソンだけは何とか逃れてきましたが、周囲の皆もかなり走っているということもあり、私もそろそろ重い腰を上げて、自分の目標を目指して頑張ってみたいと思いました」と経緯を説明した。

 かなりの運動音痴を自認する川田アナは小学6年で「50メートル走が11秒とか」、中学・高校時代は「全くの帰宅部」で「体育の授業すら仮病で何とか見学しようということばかり考えていました」というほど。以前に番組内で三段跳びに挑戦したところ「砂場に届かずにこけた」という。

 そんな川田アナが目標に掲げたのが「宮根さん超え」だ。「ミヤネ屋」でタッグを組むフリーアナウンサーの宮根誠司(51)が今年2月の東京マラソンで4時間15分を記録。辛坊氏から「それ絶対に無理だよ」と突っ込まれると即座に撤回し「本当の目標は完走です」と一気にハードルを下げた。

 先日、体力測定を行ったところ川田アナの「筋力は人の半分くらい」の数値で予想タイムは「7時間超え」と出たという。昨年末から準備を始め、最近では10キロ1時間くらいで走れるようになっていただけに「今はかなり自信をなくしている状態です」と告白した。

 ただ、宮根は4時間半切りの公約達成でごほうびをゲット。今年6月、ボストンでのレッドソックス戦で始球式に登板した。川田アナも「海外の絶景の初日の出を見たい。あとは、スイーツ界の巨匠に“川田スイーツ”とかを一緒につくってもらいたい」とおねだり。「現実的な目標をつくって、クリアできたらごほうびは絶対もらおうと思います」と訴えた。

 会見後の「ミヤネ屋」生放送では「行けます、行けます。練習したら」という宮根の軽い一声で、目標タイムは5時間切りに決定。予想タイム「7時間超え」の現実から考えると、かなり厳しいノルマを強いられた川田アナは「応援してください」と弱々しい声で呼び掛けていた。

 辛坊氏は「朝生ワイド す・またん!」(月~金曜、前5・20)、清水アナは「かんさい情報ネット ten.」(月~金曜、後4・47)を代表してエントリー。今後はそれぞれの番組内でレース本番までの練習にも密着して放送していく予定。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス