文字サイズ

筧利夫 市村代役舞台に感無量

 胃がんの治療のため、市村正親が降板したミュージカル「ミス・サイゴン」(東京・帝国劇場)で、代役を務める筧利夫が2日、初めて舞台に立った。7月中旬にトリプルキャストでの出演を打診されていたとは言うものの、正式な代役決定は7月27日。ほかのキャストとのけいこはわずか2回しかできないまま、本番を迎えることになった。

 なお、関係者によると、市村はすでに腹腔鏡手術を無事に終えているという。

 筧は昼の部終了後に行われた特別カーテンコールで観客からの大きな拍手を浴び、「こんなに短い期間で舞台に立つのは初めて」と感無量の面持ち。「今日より明日、明日より千秋楽に向けて、今よりいい芝居にしていくことが、術後の市村さんの一番の特効薬になると思います」と表情を引き締めた。

 市村は、7月27日の夜公演終了後、自らの口で他のキャストに降板を伝えており、実質はわずか5日のけいこで舞台に立ったことになる。昼公演後、取材に応じた筧は、関係者を通じて7月中旬、「市村さんの体調が悪い。負担を減らすため、トリプルキャストでの出演をお願いすることになる」と出演をオファーされたことを明かした。

 その後は1人で歌の練習などを行っていたが、市村の病名が発表され、代役が決定。実際にほかのキャストとのけいこはわずか「2回」だけで、この日の“初日”を迎えた。

 筧は「早いうちに直して、『何歳までやるんだ』というぐらいまで(芝居を)やってほしい」と市村にエール。昼公演後には関係者を通じて、市村から「初日おめでとう。本当に助けてくれてありがとう。どうか千秋楽までけがのないよう気をつけてください」という手紙が届けられた。

 もう1人のエンジニア役はこれまで通り駒田一がダブルキャストで演じる。地方公演を含め、千秋楽は10月5日。

 なお、最近では昨年5月、舞台「おのれナポレオン」で、心筋梗塞で降板した天海祐希に代わり、宮沢りえがわずか2日半のけいこで代役舞台に立ったことが話題を集めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス