文字サイズ

AKB柵越し握手会 事件後初開催

 5月25日に岩手県滝沢市での握手会で発生したメンバー襲撃事件の影響で延期されていた、AKB48の握手会が5日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で再開された。警備員はこれまでの7倍にあたる350人に増員され、警視庁の腕章を巻いた私服警官も警備にあたる厳戒態勢。入場口でファンは金属探知機によるボディーチェックを受け、持ち込みの荷物は、大きさが縦・横・高さの合計90センチ以内のもの1個に制限された。

 メンバーそれぞれの背後には警備員が配置され、高さ1メートルのプラスチック製の柵越しにファンと握手。これまではメンバーがいるレーンごとに、パーティションやカーテンなどで完全に仕切られる“密室状態”だったが、仕切りの数は減らされ、警備員やスタッフからメンバー全員が見渡せるスタイルへ変更となった。

 この日の握手会は午前9時開始。当初の開場時間を30分早め午前8時とした。夜までにメンバー250人が参加予定。事件で被害に遭った川栄李奈(19)と入山杏奈(18)はケガの静養のため、不参加となった。

 グループ総監督の高橋みなみ(23)は交流サイト・Google+で、「会えてよかった」というメッセージに、手のひらの写真を添えていた。

 握手会に参加したメンバーらは次々と握手会についてのコメントをGoogle+などに投稿。これまでと違い、厳戒警備、柵越しの握手会となったが、SKE48の松井珠理奈は「楽しいな……久しぶりに会えて元気出ます」、NMB48の山本彩は「午前の握手会終わりました!!時間過ぎるの早い!足りない!(笑)」と楽しそうにつづっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス