文字サイズ

峯岸みなみ 腎のうほうで休養を発表

 体調不良で20日の劇場公演を休演したAKB48の峯岸みなみ(21)が腎のう胞を発症していることが20日、分かった。AKBブログで発表された。当面は治療に専念するため、活動を休止する。ブログでは「しばらくの間は治療に専念させて頂くこととなりましたので、ご報告をさせていただきます」と記された。

 峯岸は18日に横浜アリーナで行われた「ぱちんこAKB48 バラの儀式」展示会のミニライブにも、特別ユニット「チームサプライズ」のメンバーとして参加予定だったが、体調がすぐれずに欠席していた。

 一方、17日付のGoogle+では、HKT48の指原莉乃と、東京・築地に朝ご飯を食べに行ったことを報告していた。16日夜に指原から「明日朝ひま?築地いかない?」と連絡があったそうで、Google+では、おいしそうな焼き魚と煮魚、刺身の写真が掲載されていた。

 腎のう胞とは、腎臓に水ぶくれができるもので、のう胞が大きくなって腎臓を圧迫するようになると、のう胞液を吸引したり、開腹切除する場合もある。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス