文字サイズ

宇多田 西村主審にツイッターで謝罪

ツイッターで、W杯開幕戦で主審を務めた西村氏に謝罪した宇多田ヒカル
1枚拡大

 シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(31)が13日、ツイッターで、サッカーW杯開幕戦のブラジル‐クロアチア戦で主審を務めた西村雄一氏に「ごめんなさい」と謝罪した。

 宇多田はこの日の最初のツイッターで、「クロアチアの皆さん、不運な試合でしたが日本人を嫌いにならないで」と英語で呼びかけた。西村氏のPK判定に、クロアチア代表のニコ・コバチ監督を始め、大きな不満が起こっていることに触れた。

 その後、宇多田は再びツイッターで「周りのサッカーファンがみんな誤審だって騒いでたから鵜呑みにして失礼な冗談を書いてしまった 西村さんごめんなさい」と今度は日本語で謝罪した。

 物議をかもしたプレーは試合後半に起こった。クロアチアのDFデヤン・ロブレンがブラジルのFWフレッジを後ろから倒したとして、西村主審がブラジルにPKを与えた。クロアチアの選手は西村主審に激しく詰め寄り、コバチ監督も試合後、「あれがPKならこの大会で100個くらいのPKが出る」などと不満を漏らした。結局、このPKによる得点が決勝点となり、クロアチアは1‐3で負けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス