文字サイズ

AKB川栄、入山が退院 腕にはタオル

 25日に岩手県で行われた握手会で無職の男(24)=殺人未遂容疑で逮捕=に刃物で襲われ、負傷したAKB48の川栄李奈(19)と入山杏奈(18)が26日午後6時半、盛岡市の岩手県高度救命救急センターを退院した。

 AKAB48劇場の湯浅洋支配人に付き添われ、2人は姿を見せた。当初、川栄は痛み止めの薬の影響で足元がふらつき、車イスで退院するかとも思われたが、2人とも自力で歩き、負傷した両腕を隠すように大きなタオルで覆っていた。

 まず入山が「ご心配をおかけしました。もう東京に帰ります。もう大丈夫です」としっかりした口調で報告。けがの具合について「大丈夫です」と話し、マスク姿にスリッパの川栄も「もう大丈夫です。東京に帰ります」と話した。

 2人とも帽子を目深にかぶり、やや固い表情。川栄は痛み止めの薬の影響か、足元が少しおぼつかない様子で、関係者の女性に支えられるように歩いた。表情は少しうつろだった。

 2人は報道陣に「ありがとうございました」と短くあいさつすると、関係者が用意したワゴン車に乗り、東京に向かった。

 川栄は右手親指の骨折と裂傷、入山は右手小指を骨折しており、25日に切り傷の縫合手術を受けた。頭にも裂傷を負ったが、傷は深くはないという。

 2人は別々の病室に入院しており、互いの病状を心配していたという。病室では警察の事情聴取を受けるなどしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス