文字サイズ

HKT指原 柏木由紀&山本彩をネタに

 福岡・博多を拠点に活動するアイドルグループ・HKT48が2日、大阪市の大阪城ホールで、全国アリーナツアーの大阪公演を開催。笑いに厳しい大阪のファンを前に、指原莉乃(21)を中心とした“ブラックトーク”を展開した。

 冒頭のMCでは、地元・大阪のNMB48チームNと兼任になったAKB48・柏木由紀(22)の話題になり、指原が多田愛佳に(19)に「(AKB時代の)同期だから、気になるよね」と振ると、多田は「同期だけど…、まゆゆ(渡辺麻友)の方が好き」と素っ気ない反応でファンを笑わせた。

 また、途中で見せた寸劇「白雪姫」では、魔女役の松岡菜摘(17)、森保まどか(16)の「美のSTAP細胞はあります」というセリフに、指原が「いや、せめて証拠を出してから言って」とギリギリの応酬。その他にも、NMB48キャプテン山本彩(20)が、全国ネットのテレビでのトークが苦手とされていることを「借り猫」(借りてきた猫状態)とイジるなど、“毒”を含んだ爆笑トークで、7000人のファンを大いに笑わせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス