文字サイズ

元ロッテ投手が「ナカイの窓」ADに

 昨シーズン限りでロッテを戦力外となり、現役を引退した山本徹矢投手(23)が19日、日本テレビ系で放送された「ナカイの窓SP」に出演した。山本は引退後、制作会社に就職。「ナカイの窓」のADをしている。

 山本はロッテのユニフォームを着用し、ひな壇の“スポーツ選手”コーナーに着席。「誰?」と驚くMCの中居正広に「山本徹矢です。ADやってます」と自己紹介。「何かあったら、助けてくれるのね?」という中居に「はい、朝8時半から来てるので…」と笑顔で即答していた。

 ロッテファンのお笑いコンビ「トータルテンボス」もひな壇に座っており、「一昨年、キャンプリポートに行ったんですけど、そのキャンプで肩壊して、引退したんです」と苦笑いで説明していた。

 山本は兵庫県出身。神戸国際大付高では甲子園出場経験なし。08年ドラフト5位でロッテ入団。11年に1軍デビューし、11試合に登板(勝敗なし)。最高年俸590万円(推定、12年)。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス