文字サイズ

峯岸みなみ、丸刈り&涙で“謝罪会見”

丸刈り姿で謝罪した峯岸みなみ(You Tube「AKBチャンネル」より)
2枚

 31日発売の「週刊文春」でEXILEの弟分グループ、GENERATIONSのパフォーマー、白濱亜嵐(しらはま・あらん、19歳)とのお泊まりデートが報じられたAKB48の峯岸みなみ(20)が31日、頭を丸刈りにして、けじめをつけ、ユーチューブ上で1人きりの“謝罪会見”を行った。峯岸は涙をボロボロ流しながら「できるのであればAKB48の峯岸みなみでいたい。やめたくない」と残留を懇願。AKB劇場の戸賀崎智信支配人は同日、交流サイト「グーグル+」で峯岸を2月1日付けで降格処分としたことを発表した。

 31日午後6時半すぎ、ユーチューブのAKBチャンネル上にでメッセージをアップした峯岸は、長髪をバッサリとバリカンで刈り、数ミリだけ髪を残した衝撃の丸刈り姿。「とても軽率で自覚のない行動だったと思います。こんなことで今回のことが許していただけるとは思っていませんが」と震える声で謝罪。「AKBをやめたくない。AKBを離れることは私にとって考えられません。甘い考えなのは分かっていますが、できるのであればAKB48の峯岸みなみでいたいです」とボロボロと涙を流した。

 今後の処分については、総合プロデューサーの秋元康氏と運営側に一任するとしたが、AKB残留を強く懇願し、「今回のことは全て私が悪かったです。本当にごめんなさい」と謝罪。最後は10秒間に渡り、頭を下げた。

 峯岸は、ユーチューブ上での1人謝罪“会見”の直前に「いてもたってもいられず、メンバーやだれにも相談せず坊主にしました」と告白。自分でバリカンで刈ったとみえてところどころ長さは揃わず、ガタガタ。襟足にも長い毛が残ったままだった。

 なお戸賀崎支配人は「今回の報道により、ファンの皆様に多大なるご迷惑をかけた」として研究生への降格処分を決定。今後の活動については詳細が決まり次第、発表するとした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス