文字サイズ

高嶋政伸 正真正銘の悪女はぶれない

制作発表に登壇しあいさつする高嶋政伸(右は仲間由紀恵)=東京メディアシティ(撮影・会津智海)
3枚

 俳優の高嶋政伸(46)が7日、都内で、フジテレビ・関西系ドラマ「サキ」(8日スタート。火曜、後10・00)の制作発表に、仲間由紀恵(33)、内田有紀(37)らと出席した。

 高嶋は、昨年11月に元妻でモデルの美元(33)との離婚が成立して以降、初の公の場。主演の仲間が悪女・サキを演じるサスペンスのシリーズ第2弾にちなんで、『悪女の定義』を聞かれると、「自分自身をみじんも悪女と思ってない人が、悪女だと思います。自分は天使だと思ってる。人がどう思おうと終生変わらない、ブレません、正真正銘の悪女は!!」とまるで私怨(しえん)を込めたような、力のこもった口調で熱弁した。

 1年9カ月にも及んだドロ沼離婚裁判中には、「芸能生活を投げうってでも、離婚したい」と訴えて、激太りやひ骨神経まひなどの体調不良も報じられた高嶋。報道陣から体調を心配する声をかけられると、「万全です。心機一転です」と右手でOKサインを作って、“復活”をアピールしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス