文字サイズ

福士の骨折を監督が否定「折れてない」

高級腕時計ブランドの壮行会に登場した女子マラソン日本代表の福士加代子=東京・銀座
リオ五輪壮行会に登場した女子マラソン日本代表の福士加代子(撮影・佐々木彰尚)
高級腕時計・オメガを贈られ笑顔を見せる(左から)女子バドミントンダブルス日本代表の高橋礼華と松友美佐紀、トライアスロン日本代表の田山寛豪、女子マラソン日本代表の福士加代子=東京・銀座(撮影・佐々木彰尚)
3枚3枚

 女子マラソンのリオデジャネイロ五輪代表の福士加代子(34)=ワコール=について、一部で右足の疲労骨折の疑いありと報じられたことを受け、22日、永山忠幸監督(56)が都内で報道陣の取材に応じ、「折れていない」と否定した。右足第4中足骨の故障で26日の函館マラソンを欠場するものの、骨折はしておらず、このまま調整を続け、五輪に臨む。

 永山監督は福士の状態について「練習はできるが、五輪本番に支障が出るかもしれない。痛みに強い子なので、無理をすると(骨折の)危険性を秘めているということ。早期回復には休むことが大事」と話した。

 永山監督によると、5月15日に出場したぎふ清流ハーフマラソンの頃から右足に痛みが発生しており、その後も練習を続けていたという。

 今月、合宿先の米国と、18日に帰国した後に2回検査を受けたが、右足第4中足骨に炎症があるものの、いずれも骨折は認められなかった。現在は20~30キロを走り込んでおり、「(五輪本番の)8月14日のためには今ムチを入れるわけにはいかない」と函館の回避を決断した。

 このままレースには出場せず、リオにはぶっつけ本番で臨むことになるが、「レースペースの練習はやってるので、練習の感覚で(状態を)見ていけばいい」と永山監督。「(五輪本番まで)残り50日の練習メニューについてはペース配分の変化はあるが、いっこうに変える予定はない。そのペースのまま準備を進める。転ばない限りは本番は大丈夫だと思う」と問題なしを強調した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス